イベント


グラフィカル・プロトタイピング・ワークショップ


slide1
slide1
slide1
slide1
slide1
slide1
slide1
slide1
slide1
slide1
slide1
slide1
slide1
slide1
slide1

グラフィカル・プロトタイピングとは、グラフィカル言語とオープンソースハードウェアを連携し、試作開発の効率化を図る新たな手法です。ワークショップでは、障害物回避ロボットの作成を通じてこの手法を学習します。ロボットは、最近の製品に搭載されるセンシング/アルゴリズム/制御という一連の機能を実装する上で最適な題材と言えます。完成したロボットをお持ち帰り頂くオプションもございます。

試作開発に求められるエレ・メカ・ソフトの専門知識は誰もが習得している訳ではありません。短期間・ 少人数・内製化という制約の中、この壁を超えるには最適なツールを組み合わせる必要があります。 データフロー図がそのまま実行できるグラフィカル開発環境LabVIEWとオープンソースハードのアルデュイーノの連携による試作効率化を体験ください。

【開催概要】
日時: 日程はお問い合わせください
会場: 東京都港区芝大門1-9-9 野村不動産芝大門ビル9F 日本NI内 セミナー室
定員: 10名(定員になり次第締切)
費用: 38,000円(税別)【参加費用のみ】
    48,000円(税別)【参加費用+ロボット機材持ち帰り費用】
    別途、出張開催も承ります。ご相談下さい。
交通: 都営浅草線・大江戸線「大門」駅より徒歩2分
    都営三田線「御成門」駅より徒歩4分
    JR山手線・京浜東北線モノレール「浜松町」駅より徒歩7分

【内容】
1. 製品のインテリジェント化と開発課題
2. グラフィカル・プロトタイピングとは
3. アルデュイーノ開発環境
4. 距離センサを用いたデータ集録とシリアル通信
5. しきい値判定機能の実装
6. LabVIEWとアルデュイーノの連携
7. バーチャルとリアルのスイッチ機能
8. フォトレジスタによるLED制御
9. サンプリングレートと分解能
10. 信号処理
11. DCモーター制御
12. 距離センサーとモーターの連動
13. サブVIの活用
14. 障害物回避ロボットの作成
15. レーザーカッターによるシャーシ加工
  (ワークショップではレーザー加工は行いません。ご希望の方は別途ご相談下さい。)
16. マイコン書込み
17. 拡張アイディア

【申込方法】
参加日/会社名/部署名/住所/氏名/Eメール/電話番号を記載の上、info@prior-japan.com までご連絡下さい。

【講師紹介】
長野達朗 株式会社プライア代表取締役。米ワシントン州立大にて博士号(物理学)取得。 日本ナショナルインスツルメンツ社にてエンジニア、技術コンサルタント、営業所長、LabVIEWの戦略マーケティングを歴任。 2012年にプライアを設立。著書に『自律走行ロボットカーを作る』アスキー・メディアワークス社がある。

book